カスタねっと@旭川 子育て情報発信
カスタねっと@旭川ホーム > 道内観光スポット

道北~上川地方

VIVAアルパカ牧場

かわいいアルパカたちとのふれあいがいっぱい!

夏も冬も楽しめる!

夏はバギー、ハンモック、オープンカーなどで自然を満喫できます。
冬はスノーラフティング、エアボードスノーモービルなど雪と楽しむ冬のあそVIVAがオープン♪
家族みんなで楽しめます。

アルパカの織物

上質で暖かいアルパカの毛織物も販売されています。

営業時間:9:00~17:00(4月~10月)
        10:00~16:00(11月~3月)
        年中無休
入場料:大人550円(高校生以上) 子供250円(小・中学生) 乳幼児 無料
駐車場:無料駐車場あり
住 所:上川郡剣淵町東町3733番地
TEL/FAX:0165-34-3911
URL:http://www.viva-alpaca.jp/

北海道立サンピラーパーク

北海道立サンピラーパークは、森林・水・草原・花畑などがひろがる自然豊かな公園空間です。
それぞれに特徴のある3つのエリアと11のゾーンがあり、平成20年5月に全面開園しました。

大型遊具のあるサンピラー交流館

正面玄関を入ってすぐ、屋内児童遊具があります。
大型ネット遊具やブロックなどがあり、サンピラー交流館の開館時間内は、夏・冬ともに一年中楽しめます。

屋外も楽しさいっぱいふわふわドーム

子どもも大人も遊べる白い山型のトランポリンがあります。
晴れの日は親子で、ふわふわドームで遊びましょう♪
※6歳以下の幼児には大人が必ず付き添ってください。(子どもを抱っこして遊んではいけません。)
また、小さい子どもがいるところでは、まわりに気を配り、飛び跳ねないように、お子様にご指導ください。

水遊び広場

夏にはもってこいの噴水広場♪
水着を持ってきて遊ばせることができます。11:00~16:30まで遊べます。

営業時間:4月 9:00~17:00
      5月~10月 9:00~18:00
      11月~3月 10:00~22:00
休館日:12月29日~1月1日
駐車場:無料駐車場あり
住 所:北海道名寄市字日進147
TEL:01654-3-9826
 URL:http://www.nayoro.co.jp/sunpillarpark/


とうまスポーツランド

とうまスポーツランドには、自然の中で存分にスポーツ&レジャーを楽しむことができる施設があります。
キャンプ場やフィールドアスレチック、当麻世界の昆虫館「パピヨンシャトー」など盛りだくさん!
身体を動かした後は、ヘルシーシャトーでのんびりお風呂に浸かることもできます。

【キャンプ場】
コテージ(1団体)1棟 12,000円
ログハウス(1団体)1棟 3,500円
バーベキューハウス(1団体)1棟 1時間500円 など
【当麻世界の昆虫館「パピヨンシャトー」】
大人 500円 小人 300円 幼児 無料
【フィールドアスレチック】
大人 500円 小人300円
【ヘルシーシャトー】
大人 500円 小人300円

場所:当麻町市街6区

<問合せ>
当麻町役場  上川郡当麻町3条東2丁目
TEL:0166-84-2111
※とうまスポーツランド詳細URL
http://www.densukesan.net/html/f-sports.htm

深山峠アートパーク

トリックアート美術館 深山アイス工房 オリジナル商品もあるお土産店

丘の上のレジャーゾーン

見て、触れて、写真を撮って遊べるトリックアート美術館のほか、アート体験館、地元作家の作品を展示、販売するみやま物産館やバーベキューテラスがあります。
トリックアート美術館http://tokachidake.com/art/では、今話題の「行列のできる法律相談所」という番組内の「100枚の絵でつなぐ カンボジア学校建設プロジェクト」のオークションにおいて、X JAPANのYOSHIKIさんの「Foever Love」と磯野貴理さんの「空飛ぶヤギ」を落札、トリックアート美術館のエントランスに展示しています。
こちらはどなたでも、無料でご覧いただけます。(今年度は11月末までの予定です。)
みやま物産館では、以前からある「深山アイス工房」http://tokachidake.com/ice/で、手づくりジェラートが食べられます。
また、お土産店では上富良野でしか販売していない、
道内観光スポット - 道北~上川地方 の記事全てを表示

道北~留萌地方

幌延町トナカイ観光牧場

北緯45°の街 ほろのべ。日本でここだけ、沢山のトナカイに会える場所。トナカイの飼育頭数が国内最大の観光牧場です。
トナカイの親子 休憩中

トナカイはオス・メスともに角がありますが生え変わる時期が違います。元来トナカイは人になつかない動物ですが、ここにいるトナカイは人になれており柵の近くまでやってきますし、トナカイに手の平から柵越しに餌を与えることができます。
管理棟には、トイレ・売店・レストランがあります。

営業時間:4月~10月(9:00~17:00) 11月~3月(9:00~16:00)
休館日:年末年始(12月31日~1月3日)休館
入場:無料
住所:北海道天塩郡幌延町北進
TEL:(01632)-5-2050  
FAX:(01632)-5-2052
アクセス:旭川より車で3時間半、JRで3時間。幌延町市街より車で約5分
URL: http://www.tonakai-farm.com/

道央~空知地方

アルテピアッツァ美唄

アルテピアッツァ美唄 清らかな水辺 カフェでほっと一息

彫刻家・安田侃(かん)氏の、大自然と彫刻とが相響する野外彫刻公園

自然と彫刻が共存する憩いの場です。
屋内外で安田侃氏の彫刻と触れあえます。
アルテピアッツァにはカフェもあり、ドリンクやぽこぽこパンなどが味わえます。
夏には屋外にある白大理石が敷き詰められた池と流路がある「水の広場」で涼を感じることができます。

住所:北海道美唄市落合町栄町
TEL・ FAX:0126-63-3137
開館時間:水曜日~月曜日=午前9時~午後5時
休館日:毎週火曜日、祝日の翌日(日曜日は除く)、
     12月31日~1月5日
入場料:無 料
駐車場:無 料
URL: http://www.artepiazza.jp/

北海道こどもの国

児童の夢と希望を育む場

北海道こどもの国は広大な面積を有し、多くの樹木や野草があり、エゾリス、ウサギ、タヌキ、キツネなどの野生小動物もいる自然豊かな道立都市公園です。
世界の七不思議に会える「ふしぎの森」、宿泊研修施設の「北海道立砂川少年自然の家」、全国初めて高速道路でUターンが可能となった「砂川ハイウェイオアシス」などの施設があります。
ピサの斜塔 ストーンヘンジ、右後方にはファロス カタコンベ~地下迷路があります
プレイスポット
ふしぎの森・・・世界の七不思議を縮尺再現した子どもの国の中で1番人気のある施設です。
  利用期間:平成24年4月28日~11月11日
  休みの日:5月14日・7月9日・8月27日
  利用時間:4月28日から9月30日まで 
        午前9時30分から午後5時00分まで
        10月 1日から11月11日まで
        午前10時00分から午後4時00分まで
ヤッホーの森・・・車椅子でも利用できる遊具など全12基の遊具があります。夏になると、ホタルが飛び交う「ホタルの沢」もあります。

道東~網走地方

西興部村森の美術館「木夢」

木の妖精たちと戯れるおとぎの国

「手づくり木のおもちゃ」の優しさ、温かさを感じることの出来る木のファンタジーワールドです。
木のゆうえんち 木の砂場 足踏みメリーゴーランド
手作りの木のおもちゃが約3千点あり、館内は、触って遊べる「おもちゃのへや」、大型木製遊具が人気の「木のゆうえんち」、ミュージカルシアター「木夢の島」、そして頭の体操「積み木とパズルのへや」に分かれ、優しい木のぬくもりの中で楽しく過ごす事が出来ます。
また、森の中にいるような感覚で木とふれあえる「木の砂場」もあります。
子どもたちも大人たちも心やすらぐ木のおもちゃで一日中楽しめます。
毎週土・日曜日には、木工教室も開催しています。参加は自由ですのでぜひご参加ください。

ステージ 開館時間:夏期(4~10月)・・・午前10時 ~ 午後5時00分
       冬期(11~3月)・・・午前10時 ~ 午後4時30分
 休館日:毎週火曜日(祝日の際は翌日)
 入場料:高校生以上 500円
      小学校4年生~中学生 300円
      3歳~小学3年生以下 100円
住所:紋別郡西興部村字西興部276番地
TEL:0158-87-2600
URL:http://www.vill.nishiokoppe.hokkaido.jp/Office/komu/komu.htm

木のおもちゃワールド館 ちゃちゃワールド

旭川より網走方面に向かい国道242号線沿いにある、世界40ヶ国の木のおもちゃを集めたミュージアム。からくりおもちゃ・くるみ割り人形・コマなど大小1万点の木のおもちゃを展示・収蔵しています。
2階の「あそびのひろば」は、三輪車や木馬などの乗り物、木の玉のプールやすべり台、積み木・パズルなど木の温もりを感じながら子どもたちが自由に遊べる空間です。
世界の木のおもちゃ館 コロポックル影絵美術館 あそびの広場

道東~十勝地方

森のトロッコエコレール

ファミリーで仲良く このトロッコは廃線となった鉄道を木のぬくもりと手作りで
 再現。
 鉄道と大自然の息吹を体感できる“足こぎ”トロッコです。

 2016年 夏の日中 往復1kmコース(予約不要)

 運行期間 4/29(金・祝)~11/3(木・祝)
 9:30~最終受付16:00 [6,7,8,9月最終受付16:30]
 定休日  毎週水曜 但しGW期間中、7/18(海の日)~8/31無休
 受付場所 三の沢駐車場北側
      (十勝管内上士幌町 糠平温泉郷から国道273号線を層雲峡方面へ3kmの地点)
 料 金 2人以上の場合 小学生~大人 1人600円  
      3~6歳 1人300円 0~2歳無料 (1人の場合900円)

道の駅

道の駅 南ふらの

駐車場身障者用トイレベビーシートトイレ
国道38号沿いにある、カヌーの軸先をかたどった外観で、富良野を訪れる観光客なら一度は立ち寄る道の駅。
入口から入ってすぐに、“幻の魚”イトウが泳いでいる水槽があります。
木工芸品や、特産物などを販売しており、レストラン「ごはん屋ラーチ」では、イトウの具のおにぎりなどが購入できます。
また、館内2階の階段突き当りにベビーベッドがあります。

南ふらの 開館時間:6月~8月 9:00~19:00
      9月~5月 10:00~18:00
 休館日:年末年始(12/31~1/2)
      (秋期に臨時休館の場合あり)
 住所:空知郡南富良野町字幾寅687番地1
 TEL:(0167)52-2100
 http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/222/

もち米の里☆なよろ

駐車場身障者用トイレトイレ
国道40号沿いにある道の駅。旭川から士別を過ぎ、名寄まで行く途中の風連に位置しています。もち米生産日本一のもち加工品が名産で、北海道産の材料をふんだんに使用した大福などのほか、地場産の新鮮な野菜販売や、もちつきの実演が見られます。

看板 開館時間:9:00~19:00
 休館日:年末年始
 住所:名寄市風連町西町334番地1
 TEL:(0165)57-8686

道の駅 ライスランドふかがわ

駐車場身障者用トイレベビーシートトイレ
札幌と旭川を結ぶ国道12号と、留萌・増毛方面への基点となる国道233号が交差する地点に位置し、近郊にレストゾーンがないことから、ドライバーの休憩地として大変便利です。
地元産のお米やお菓子などを販売しているコーナーや、絞り立てのフレッシュミルクを使ったソフトクリームやおにぎりなどを販売しているテイクアウトコーナーなどがあります。
また、子どもたちがゲーム感覚で楽しみながらお米作りについて学べるお米ギャラリーもあります。
温泉施設を併設した都市農村交流センター「アグリ工房まあぶ」やオートキャンプ場、スキー場等の施設への入口になっています。

ライスランド深川 開館時間:9:00~19:00
 休館日:年末年始(12/31~1/2)
 住所:深川市音江町字広里59番地7
 TEL:(0164)26-3636

道の駅 びえい「丘のくら」

駐車場身障者用トイレトイレ
平成19年4月28日にオープンした、大正初期に建設された美瑛軟石づくりの石倉庫を改装した道の駅。
美瑛産にこだわったソフトクリームやコロッケなどの軽食、農産加工品や町内にアトリエを持つ方々の芸術品の販売、またテナントとして美瑛産の食材をふんだんに使用した料理を提供する「カフェ+クラフトPUU」が入居しています。
美瑛の写真を使用したハガキや農産加工物などのお土産が揃っています。
2階部分はイベントスペースとなっており、美瑛に縁ある方々の写真展や個展などが定期的に開催されています。

石造りの丘のくら 開館時間:9:00~19:00(5~10月)
     9:00~17:00(11~4月)
 休館日:年中無休
 住所:上川郡美瑛町本町1丁目9番21号
 TEL:(0166)92-0920
 URL: http://www.hokkaido-michinoeki.jp/michinoeki/2854/
道内観光スポット - 道の駅 の記事全てを表示

  
カテゴリ
  
RSS 1.0
当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2007-2008 castanets-asahikawa ALL Rights Reserved.