カスタねっと@旭川 子育て情報発信
カスタねっと@旭川ホーム > 子育て相談室Q&A > 医療(健康・症状など)

言葉のトレーニングについて

クエスチョン教育関係者より「言葉が聞き取りにくいからことばの教室に通わせて早いうちにトレーニングさせた方がいい」と指摘を受けました。確かに同じ年齢の子と比べると「かつ舌」が悪く、「かきくけこ」が苦手のようです。親は聞き取れるのですが他人には一部聞き取りにくいかもしれません。一応耳の検査も行いましたが大丈夫でした。子供のためを思えば早めにトレーニングしてあげるべきでしょうか?また旭川には遊び感覚で教えていただける教室はあるのでしょうか? (4歳1ヶ月 女の子)

アンサー 発声に必要な条件として,のどの構造や,口の奥に十分なスペースができていること, あごの筋肉が発達していること,舌が細かく動くことなどがあります。
子どもの成長とともに自然に治っていくこともありますが,心配なのは,発音が不明瞭なために,お友達に気持ちが伝わらないなどコミュニケーションに支障がでる,発音を注意される・否定されることで子どもの話したいという意欲や自信を失わせてしまうことです。
本当にお子さんの発音に問題があるのか,トレーニングの必要があるのかを,子どもの発達に詳しい医師の診察を受け,言語聴覚士ということばの専門家に
相談されることをお勧めします。
 詳しい検査と療育についてのご相談は,北海道立旭川肢体不自由児総合療育センターに行かれるのがよいでしょう。

 北海道立旭川肢体不自由児総合療育センター
  住所:旭川市春光台2条1丁目
  電話:51-2126(予約が必要です)

不明な点があれば
旭川市役所 子育て相談課 子育て相談係 25-9107までご連絡ください。

 アドバイザー:旭川市子育て相談課子育て相談係 子ども家庭相談室

  
カテゴリ
  
RSS 1.0
当ホームページ掲載の記事、写真、イラスト等の無断掲載を禁止します。
(c)2007-2008 castanets-asahikawa ALL Rights Reserved.